胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

ホーム  »  施設・設備紹介  »  胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

日本人は胃がんが多い国民であり、現在も多くの方が胃がんのために尊い命を落とされています。健診受診率が非常に低いことが原因の1つとされています。胃カメラはバリウム検査に比べて早期胃がんの発見率が高く、早期発見・早期治療には非常に有効な検査です。早期発見をすることで治療による身体的、経済的も負担が少なくなります。また、がんになる前の病変やがん以外の病気が発見されることもあり、必要に応じて治療を行うことでがん予防にもつながります。
当院では細径スコープを用い、鎮静薬を使って眠ったままで胃カメラを受けて頂くことができます。苦痛の少ない胃カメラ検査を心がけています。
胃カメラ検査に抵抗のある方も、これまで胃カメラ検査を経験したことがない方も、ぜひ一度ご相談ください。
ページの先頭へ